夫婦 食事

相続の発生と相続順位

相続コラムが始まります。

人は生まれて、いつか死を迎えますが、生存している間に財産を残します。これを残った人たちがどのように引き継ぐかということが【相続】です。生きている時に、自分の財産を誰に引き継ぐかを【遺言】で決めることもできます。

この相続コラムでは、正しい相続・遺言の知識を深めていただくための情報を発信していきます。

相続とは

死亡した人(被相続人)が所有する財産を、財産を承継する人(相続人)に引き継ぐことです。
承継する財産とは、土地や家などの「プラスの財産」だけではなく、住宅ローンなどの「マイナスの財産」も引き継がれます。

被相続人(死亡した人)

[プラスの財産]
・土地
・住宅
・現預金 など

[マイナスの財産]
・住宅ローン
・法律上の地位(保証人など)

相続人(財産を継承する人)

・配偶者相続人
→法律上の婚姻関係にある人(内縁関係は、含まれない)

・血族相続人
→子・孫・父母・祖父母・兄弟姉妹
※子の場合、養子縁組による子 も認められる。婚姻外で生まれた
子は、父親の認知が必要。

相続には優先順位があります

まず、配偶者は、必ず相続人になります。
血族相続人は、下記のように相続の優先順位が決まっています。

①「子・孫・ひ孫」

子が複数いる場合は、誕生の順序や男女関係なく、均等に相続されます。子が亡くなっている
ときだけ、孫に相続の権利があり、同様に、孫もすでに亡くなっているときだけ、ひ孫に
相続の権利があります。つまり、被相続人に一番近い世代が、遺産を相続することになります。

②「父母・祖父母」

被相続人に子、孫、ひ孫がいないときは、被相続人の父母が、遺産を相続します。
もし、父母が亡くなっているときは、被相続人の祖父母が、相続することになります。

③「兄弟姉妹」

①「子・孫・ひ孫」、②「父母・祖父母」の誰もいないときは、被相続人の兄弟姉妹が相続人になり
ます。また、その兄弟姉妹の中で子供を残して亡くなっているときは、その子供にも相続の
権利があります。つまり、被相続人の”おい・めい”までは、相続が認められています。

このように、第1順位の人がいる場合は、第2順位、第3順位の人には、相続の権利はなく、同様に第2順位の人がいる場合は、第3順位の人には相続の権利はありません。

※なお、法律上の届出がされていない、内縁関係の人の相続は認められていませんが、その子供は、第1順位の相続権が認められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>